チャットレディと風俗嬢はどっちがメリット多い?

チャットレディと風俗どっちが稼ぎやすい?

チャットレディで働くか、デリヘルやキャバクラで働くのとどっちが稼げて、メリットが多いか知っていますか。

女性の仕事として高給な仕事の風俗やキャバクラなどの水商売と、オンラインでできるキャバクラみたいな感覚でできるチャットレディはとても似ています。

チャットレディはキャバクラなどの水商売と比べると、男性客と直接あう必要もないですし、アルコールを摂取する必要もないので、かなり有利だといえるでしょう。

チャットレディは他の水商売と比べて、デメリットがあまり見当たりませんが、たとえば知り合いなどがチャットにログインしてきて顔バレしてしまうなどの危険性があります。

女性が稼げるバイトの筆頭である風俗とチャットレディのメリットとデメリットを比べてみましょう。風俗は日給が高くて即日現金払いでもらえるというメリットがありますが、同時にデメリットもあります。性病だったり、不潔な男性とのセックスだったりなどです。

風俗や水商売などの高時給なお仕事と、チャットレディを比べてみると、結局どっちがお得なのでしょうか?それは間違いなくチャットレディだと思います。

女性が一番稼げると言われているキャバクラや風俗などと比べても、チャットレディは同じかまたはそれ以上に稼ぐことができますし、24時間365日いつでも好きなときに、通勤チャトレでも在宅チャトレでも変幻自在に働くことができます♪

当ページでは、女性が稼ぎやすい職業であるチャットレディと、キャバクラで働くことと、どちらが総合的にメリットがあるのか比較検証していきたいと思います。

チャットレディのメリットとは?

メリット1 直接会わないから触れられない

チャットレディの一番大きなメリットとして、チャットレディをやっている現役の女性にアンケートを採ってみると、男性と直接会う必要がないという答えが返ってきます。

目の前に男性客がいるわけではないので、体を触られたりアルコールを飲んだりという必要もなく、気楽な雰囲気で仕事出来るのが女性にはとても大きなメリットです。

ライブチャットサイトにもアダルトパフォーマンスを強要してきたりする悪質なユーザーもいますが、そういうときは強制的にログアウトさせることもできるので、そういう便利なシステムを使って快適にチャットレディをこなしていきましょう♪

メリット2 基本的に高給取り

チャットレディの仕事は何よりも高収入なことがいいですね。平均的なチャットレディの時給は4000円から6000円くらいで、最高で7200円にもなります。

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

固定客をたくさん抱えているチャットレディや、一回あたりのテレビ電話の時間が何時間もしてくれるヘビーユーザーを抱えている人気の女性は、余裕で100万円とか200万円稼いでいるので、みなさんもそれくらいのレベルを目標にスキルアップしてきましょう!

メリット3 自宅でも通勤でもどちらでもいい

チャットレディのメリットで抜かすことができないのは、自由自在に仕事時間が決められる点ですね。ネットに接続できる環境があれば、家の中でも外でも、その場がすぐに仕事場になっちゃいます。

キャバクラや風俗などは、その店に物理的にいく必要がありますが、チャットレディなら稼働時間も、タイミングも自由自在で、すべて自分の意思で決定出来ます。早朝でも昼下がりでも夕方でも夜中でも仕事ができるのがいいですね。

メリット4 空いた時間でお小遣い稼ぎできる

チャットレディはパソコンだけでなく、スマホだけでも仕事出来るので、家の中だけでなく外でも仕事出来ます。

自分の自由に働く時間を決めることができるので、何の予定も入ってない休みの日や、何かが急にキャンセルになった隙間時間に効率的に稼ぐことができます。

ライブチャットを楽しんでいる男性客というのは、チャットレディと同じく、スマホ一台で日常の隙間時間に使っている人が多いので、たくさんお客さんが回遊しています。そんな回遊しているお客さんをつかまえることができれば、収入アップにつながりますね。

メリット5 容姿端麗じゃなくてもいい

風俗やキャバクラなどはその店の雰囲気というものがあるので、当然そういう雰囲気を持った女性だけを集めているので、面接で受からないなんてこともざらにあります。

チャットレディはデータ的に在籍すればいいだけなので、チャット運営者側にとって採用したら費用がかかるということもないので、ほぼ全員が受かります。

私自身もチャットサイトに応募するときは、右も左もわからない状態でしたが、すぐに登録完了して、働けるようになりましたし、落とされたなんていう話は聞いたこともありません。

チャットレディのすごさは登録率の高さで誰もが受かるというメリットだけではありません!普通のバイトだったりしたら最低でも三日くらいはかかると思いますが、チャトレならその日のうちから稼ぐことができます♪

メリット6 セクシーなスタイルなどいろんな売りがある

チャットレディは容姿をあまり気にする必要はありません。顔出しなしでも稼ぐことができますし、顔の好みなんて人それぞれなので、必ずしも容姿端麗な人が人気になるというわけではありません。誰でも仕草とか会話のテクニックで人気者になれます!

脱ぎありのアダルトチャットレディは顔を見せなくてもセクシーポイントがあるので、それだけで稼ぐことができちゃうんです♪

ライブチャットを日常的に楽しんでいる男性というのは、風俗やキャバクラなど日にならないくらい圧倒的に多くて、それだけ男性が多ければ、自分のことを好きに思ってくれる、相性のいい男性もたくさにるということです。

チャットレディはどんな女性にも稼げる裾野が広がっている点がメリットの一つですね。会話が得意な人は会話で楽しませるテクニックを使ってもいいですし、セクシーさを前面に押し出してアダルトチャットレディとして活躍してもいいですし、メールだけでも稼ぐことができます♪

デメリット1 身内や知り合いにチャットレディがばれる可能性

チャットレディのデメリットは、ライブチャットというたくさんのお客さんに自分の顔が見られてしまう顔バレのリスクがあるということです。

ライブチャットサイトによって違いますが、アダルトなら顔出ししなくてもOKでも、ノンアダルトは顔出し必須のところもあります。待機中の顔出し状態でもし誰か知り合いに見られたら身バレしてしまうということです。

顔バレしたくないひとは顔出しなしのアダルトチャットが一番おすすめですが、顔出しありの方が男性受けがいいので、顔出しありでやりたいけど、顔バレが怖いという人は、メイクやウィッグで印象をがらっと変えてしまうと言うてもありまりますのでとてもおすすめです!チャットルームにはウィッグや衣装の無料貸し出しサービスもあります!

顔バレだけではなく個人情報が漏れるかもしれないと不安を抱いている人もいると思いますが、個人情報に厳しい時代なので、とても厳しく管理されているので、怪しい悪質なサイトは除外するにしても、大手の有名なチャットサイトなら安心してお仕事できます。

チャットレディをやっている女性自身が男性に自分からプライベートな情報を言わない限りは、チャットサイトからもれるということはないといっていいでしょう。

デメリット2 完全歩合制だからゼロの日もある

チャットレディは完全コミッション制です。チャット時間がなければ報酬が0円になってしまいます。

通勤チャットでも在宅チャットでもいくら稼働している時間が長くても、実際に男性がチャットしてくれない限り報酬が発生しません。

チャットレディの平均的な時給は4000円くらいですが、これは待機時間を含めない時給なので、なるべく稼働できるような人気のチャットレディになる必要があります。

デメリット3 キャプチャされる危険性

チャットレディはパソコンを介してやりとりしているので、キャバクラや風俗みたいに面と向かって写メをとりにくいという状況ではなく、簡単にキャプチャをとられてしまう危険性もあります。

現在の技術では、チャット利用者がチャット中の画面をキャプチャすることを防ぐことはできません。

男性利用者がキャプチャをするときというのは、個人的に好きな女性を見たいというだけなので、ネット上に悪意をもって流そうとしているひとはいません。

風俗で働いたときの利点とは

メリット1 時間あたりの給料が高い

風俗は女性が稼げる職業の中でもとくに日給が高く設定されていますね。デリヘルで平均2,3万円、ソープで3,4万円といったところです。

やはり風俗は肉体を酷使しなければならないので、高い報酬が保証されています。とにかく稼ぎたい!という人にはおすすめですね。

メリット2 他のバイトより自由度が高い

チャットレディと比べて風俗は店舗まで出勤しなければなりませんが、一般的なアルバイトと比べると、出勤日数や時間帯や時間数などはかなり融通が利いて調整できますね。

メリット3 即金でもらえる

風俗はほぼ確実に現金で日給をもらえるところです。一日分をその日のうちにもらえるので、金欠の日には助かります。

デメリット1 汚いことをしなければならない

風俗というものはチャットレディみたいに強制ログアウト機能などがないので、不衛生な男性とか、失礼な男性にあたっても接客しなければならないという精神的負担があります。

生理的に受け付けられないような男性もいると思いますが、そこはお金をもらっているので、どうしてもサービスをしなければいけませんので精神的な負担が大きいと思います。

デメリット2 病気をうつされるかもしれない

風俗でとくに気になるのは性病をうつされるかもしれないというリスクですね。性病はヘルペスだとかクラミジアだとか淋病だとかいろいろなものがあります。

風俗マニアの男性はいろいろな風俗を渡り歩いています。ソープランドでノースキンでやったり生中だしをやったりしているので、性病を持っている可能性があります。

デメリット3 アラサーやアラフォーは稼ぎにくい

デリヘルやピンサロやファッションヘルスといったものは、性的サービスなので、ピチピチの水をはじくような若い肌を持った女性が好まれるので、若い子が稼ぎやすいです。

デメリット4 身バレする可能性がある

自分が所属している風俗店に知り合いや友人の男性があらわれたら、当然あなたが風俗嬢をやっていることがバレてしまいます。他にも出勤や退勤の時に風俗店から出てくるのを見られた場合もバレてしまう可能性があります。

メリットが多い方とは

チャットレディも風俗も給料がいい

チャットレディや水商売などは普通のアルバイトと比べると馬鹿みたいな高給取りです。

チャットレディに収入の上限はありません。パーティーチャットなどで複数人を同時に相手にすることにより物理的な制限なくいくらでも稼ぐことが論理的には可能なんです。

リピーターがたくさんいてすごい稼いでいるチャットレディは時給で3,4万円以上稼いでいる人もいるくらいで、月収で200万円以上稼いでいます。

一般的なチャットレディでも平均的な日給で1万円以上は稼げると思います。風俗の場合はソープで4万円から5万円くらい稼げると言われています。

チャットレディは風俗と比べて問題なく稼げるレベルですが、風俗の方が若干平均時給が高くなっています。

チャトレと風俗嬢は似て非なるもので、似ているところもたくさんあります。まず、待機時間があり、待機時間はお金が発生していないので、女性の報酬にはなりません。

チャットレディも風俗も待機時間がながくなればなるほど、稼働したときの時給がうすまってしまって、チャットサイトに長時間待機した割には、全然稼げなかったなんてことになります。

ですが、風俗はお店に来店した人しかターゲットがいませんが、ライブチャットというのは一日に何万人ものお客さん使っているので、チャットしてくれる確率が段違いに上がります。

空いた時間に働ける

チャットレディはネット上でお仕事ができるので、24時間稼働しているチャットサイトがある限り仕事をすることができます。早朝だろうが深夜だろうが昼下がりだろうが、いつでもどんなタイミングでもお仕事が可能ですし、何時間でもやることができます。

風俗などは店舗がどうしてもあるので、そこの営業時間にあわせた時間で働かなければなりませんが、比較的自由なスタイルで働くことができるといわれています。

即金でもらえる

風俗とチャットレディを比べてみると、風俗は報酬がその日のうちに現金でもらうことができますが、チャットレディは通勤チャットレディの場合は現金日払いのところが多いですが、在宅チャットレディとかチャットサイト直接契約の場合は次の日に振り込んでもらえるところが多いですね。

ノルマや課題などがない

風俗はノルマはほぼないといってもいいでしょう。チャットレディも代理店でも直接契約でも一切ノルマなんてものはありません。

チャットレディの方が全体的に見てお得です!

ここまで淡々と風俗とチャットレディについて見比べてきましたが、チャットレディの方が総合的におすすめです。

チャットレディは風俗と比べて、店舗に行く必要もありませんし、物理的に接触せず、オンライン上のバーチャル空間でやりとりするだけなので、精神的にも楽に仕事ができます。

チャットレディの直接会わなくていいというメリットはとても大きく、気楽に働きたいという女性に今人気急上昇中です。

他に優れている点として、仕事の通勤時間や家事の合間や寝る前などの隙間時間にお仕事ができるという点です。

チャットレディはとんでもなく融通がききます。ライブチャットサイトというのは24時間やっているので、早朝だろうが深夜だろうが、夜勤が本業でやっている人でも隙間時間にやれます。

風俗と比べてチャットレディは男性ユーザーがおおく、マーケットが巨大な点もメリットの一つですね。

チャットサイトをつかって、女性のアダルトパフォーマンスを見て、性欲を満たしているひとと、風俗店を実際に利用している男性には、圧倒的な差があります。もちろんライブチャットの方が費用がかかりませんし、パソコンやスマホ一台あれば気軽に利用できるので、毎日利用者が増え続けているので、マーケットの規模が圧倒的に大きいんです。

アラフォーくらいになると、熟女風俗店などで勤務したとしてもあまりお客さんが入らないかもしれませんが、ライブチャットなら、そもそもの利用者の母数が違うので、さまざまな趣味嗜好の男性がいて、いくらでもチャットして自分を必要としてくれるお客さんがいます。

男性の性欲というのは際限がないくらいバリエーションが豊富で、60代70代の女性にも興奮して、アダルトな行為を見てみたいというひともいるくらいなんですから。

以上、風俗で働いた場合のメリットデメリットと、チャットレディで働いた場合のメリットデメリットを比較してきましたが、どちらが気に入りましたでしょうか。

短期的に一気に稼げるのは風俗ですが、チャットレディも見劣りないくらい稼げます。一般的なアルバイトをするくらいなら、アダルトなしだったり顔出しなしでチャットレディをやった方が稼ぎやすいと思います。

チャットレディは風俗みたいにたくさん稼げるわけではありませんが、それでも普通のバイトと比べると圧倒的に稼げる部類です!顔出しなしでもアダルトなしでもいいので、気軽な気持ちで一度やってみてください♪